日常あるある

あなたはどっち派?文系と理系の違い診断テスト

文系か理系か診断

突然ですが、あなたは文系でしょうか?理系でしょうか?
文系と言えば国語など、文章関係の問題が得意。理系はその逆で、数字を扱う問題が得意というイメージがありますね。

文系には女性が多く、理系には男性が多いイメージですね。
これは男女の脳のつくりが関係しているとも言われています。

最近ツイッターでは、文系と理系で答えが違ってくる問題が話題になっています。
その問題とはどのような物なのでしょうか?内容を見ていきたいと思います。

文系と理系で答えが違ってくる問題

「Q.ある日300円を持ってコンビニにパンを買いに行きました。170円の焼きそばパンを買った場合のおつりは幾らでしょう?」
こちらの問題ですが、理系の人は「130円」、文系の人は「30円」と答えるそうです。
あなたはどちらだと思ったでしょうか?では、その理由を見ていきたいと思います。

「130円」という答えだった人

「300-170=130」だから。単純に持っている金額から使った金額を引いて、それをお釣りとしたんですね。

「30円」という答えだった人

300円持っていたとしても、実際にお金を払うときは300円全てを出すわけではない。
200円を出してしまえば足りるため、「200-170=30」である。よってお釣りは30円。

ツイッターでは色々な意見が出ていました。
人によってかなり意見が割れるのは面白いですね。
これが文系と理系の違いということでしょうか。

この問題から導き出される文系と理系の違いとは、「視認性優位」かどうか

この問題から導き出される文系と理系の違いとは、「視認性優位」かどうかだそうです。
理系は圧倒的に視認性優位なため、130円という数値のみを見た答えが先に来る。
対して文系は実生活に即した答えを導き出すため、30円という答えが出てくるのだそうです。
つまり、理系は数学的で、文系は現実的ということです。
文系と理系で会話がかみ合わないことも多々ありますが、この辺りも理由の一つなのかもしれませんね。

その他にも、文系と理系で意見が割れる問題で、以下のような物がありました。

「雪が溶けると何になる?」

こちらは理系だと「水になる」文系だと「春になる」、と答えるようです。

「3.14と書いてあると何を想像する?」

理系だと「円周率」。文系だと「ホワイトデー」。
これは普段の過ごし方も関係してきそうですね。

いかがでしょうか?
ここに書いてある問題を解くことで、自分がなんとなく理系か文系か把握できるかもしれませんね。