仕事あるある

新入社員の緊張の電話対応あるある

新入社員の電話対応

新入社員として初めて入った会社!毎日が緊張の連続ですよね。
分からないことだらけでミスを連発したり、上司に叱られてめげそうになってしまったり…。

五年目くらいになると、ああそんなこともあったね~なんて笑い飛ばせるようになるんでしょうけど、
初めはなかなかそうもいかないんですよね。
新入社員あるあるは色々あると思いますが、今回はあるテーマについてまとめてみたいと思います。

電話が苦痛

新入社員あるあるといえばやっぱりコレだよね。電話は最初の難関だと思う…。
どんなにコミュニケーションに長けた人でも、初めての電話ってやっぱりあたふたしちゃうよね。

相手の会社名が聞き取れなくてドキドキしてしまったり、噛み噛みになってしまって恥ずかしい思いをしたり…。
シーンとしたオフィスの中だと余計恥ずかしいんだよね。

遂には電話の音がしただけで心臓がドキドキしちゃう人もいるみたい。
社内電話は取れるのに外部電話は絶対取れないという意見も。

なぜ電話が苦痛なのか?

色んな理由はあると思うけど、やっぱりみんなが思うのは「失敗が嫌」ということ。
あとは「メモをうまく取れない」という意見も。

失敗は誰だってあることだし、上司だって電話対応が初めから上手くできるとは思っていない。
でもやっぱり、失敗するのが楽しいなんて人はいないよね。
学生時代にバイトやらなんやらで、少しでも電話対応に触れていた人はまた違うのかもしれないね。

メモについても同じで、今まで経験したことのないことをいきなりやらされているのだから、上手くできないのが当たり前。
でも仕事ということで、上手くやらなきゃ、と思って力が入ってしまう新入社員は多いんじゃないかな。
上手く力を抜きつつできればいいんだけどね。

経験者からのアドバイス

「実際、電話をかける方も緊張しているから大丈夫。」
「メモを取ろうと思うのではなく、話に集中して聞くことが大事。」
「名前と電話番号さえ聞けていればOK。」
「聞き取れない時に聞き返すテンプレさえ覚えておけば大丈夫。」

「今のうちしか失敗できないのだから、今のうちにたくさん失敗するつもりでチャレンジするのが良い」
先輩社員からはこんなアドバイスを聞くことができたよ。
実際電話への恐怖って、みんな通る道なんだよね。

特に名前と電話番号さえ分かっていれば、万が一メモの内容に不備があっても再度確認できるから、そこは重要かもしれないね。

皆さんも一度は経験したと思われる電話対応ですが、いかがでしたか?
恐怖度は人によって違うと思いますが、緊張しなかった人はいないと思います。
経験を重ねて、上手く対応できるようになればいいですね。