日常あるある

一人暮らしを始めてからの失敗あるある

新生活一人暮らしあるある

高校卒業や就職などで一人暮らしをしなくてはならなくなった人は一定数いるかと思います。
皆さんは初めての一人暮らしの時、どんな風に感じていましたか?
自由になることへの喜びもある反面、不安も一杯だったはずです。
今まで実家で当たり前にやってもらっていたことが、一人暮らしになると全て自分でやらなくてはならなくなります。
新生活で既にくたくたなのに、そこに慣れない家事がのしかかってきてしまうと、もうそれだけで挫けてしまいそうになりますね。
そんな一人暮らしで後悔したこと、失敗してしまったことを皆さんに聞いてみました。

ライフラインが止まってしまった

「久々にアパートに帰ったら電気が止まっていた」
「支払いを忘れていて水道が止まってしまった」

そんな話はちょくちょく聞くよね。
実際ライフラインが止まると、地味にきつい。

例えば水道が止まってしまうと、ご飯はもちろん作れない。お風呂にも入れないし顔を洗えない。
一番生活にダメージが来るのは水道なんじゃないかな。
だからこそ、水道の支払いは一番待ってくれるみたい。

次にキツいのはやっぱり電気。
電気が止まるとテレビが見られない、冷蔵庫が止まってしまう、エアコンがつかない…等々。
水道ほどキツくはないかもしれないけど、でもやっぱり一日でも止まって欲しくないよね。
しっかりと郵便を確認して、滞納しないようにしたいね。

病に倒れてしまって寂しさに震える

病気の時は本当に、実家のありがたさを痛感するよね。
実家で病気に倒れてると、誰かが必ず心配して色々と世話を焼いてくれたよね。
おじやを持ってきてくれたり、ポカリを買ってきてくれたり、病院に連れて行ってくれたり…。

一人暮らしになってしまうと、たとえ何度の熱が出ていようが、全部自分でやらなくちゃいけない。
どんなに体が痛くても、ポカリを一人で買いに行かなくちゃいけない。
まだ動ける時ならいいけれど、動けないくらい体調が悪い時はホントに泣きたくなるよね。

ゴキブリが出る

男性にとってはそこまで脅威じゃないかもしれないけど、女性にとっては恐怖だよね。
家にいたら親兄弟が倒してくれたかもしれないけど、一人だとそうもいかなくて。
倒そうとバタバタしているうちに見失ってしまって、眠れぬ夜を過ごした…なんて女性もいるんじゃないかな。

しかし、どんなに掃除をこまめにしていても湧き出てくるんだよねぇ…。
バルサンを焚いてみても、忘れた頃に出てきたりして。
ゴキジェットは必ず家に常備しておくようにしたいね。

生活が崩壊する

大学生だと特にだけど、ハメを外しすぎて昼夜逆転!とか。
栄養不足で肌がボロボロになってしまうとか。

楽しいのは分かるけど、規則正しい生活はある程度守りたいよね。
体調を崩したら何にもならないんだから。

初めての一人暮らし、後悔する結果にならないよう、ある程度節度を持って行動しましょう。