対人関係

カラオケで困ってしまったこと

カラオケのマナー違反

皆さんはカラオケは好きですか?
日本人はカラオケが好きな人が多いと言われていますね。

大声で歌うということは、気分もスッキリできてとてもいい効果を生みます。
最近なんかは、一人でカラオケに行くヒトカラという文化も生まれていますね。

もちろん一人で行くだけでなく、仕事の付き合いや飲み会の二次会など、カラオケは私たちの生活に無くてはならないものです。

そんなカラオケですが、中にはちょっと困ってしまった出来事も。
そんな出来事をまとめてみました。

バラードで重い空気になってしまった

「特に盛り上がる曲でもないのに、ずっと一人でしっぽり歌われるとしんみりする」
「知らない曲で、しかもバラードだとどんな顔をしていいのか分からない」
「バラードは暗い曲ばかりなので盛り上がりに欠ける」等。

バラードはたまに聞くのはいいかもしれないけど、毎回歌われるのはキツいかもしれないね。
しかも大人数で盛り上がろうぜー!って時にそれをされると、空気読めよ…ってなっちゃうよね。
仲のいい人同士で少人数で行くならいいかもしれないけど…。
自分が歌う時はちょっと気を付けたいね。

アニソンばかり歌われても困る

「アニソンで自分の世界に浸らないで欲しい」
「周りに引かれているのにも気づかずアニソンを歌ってる人は正直ナシ」
「アニソンもそうだし、特撮ソングを歌われたらだいぶ引く」
「アニソンをたまに歌うのはいいとしても、そればっかり歌われると萎える」等。

アニソンに関してもやっぱり厳しい意見が多いみたいだね。
歌うにしても、自分一人で熱唱するのはヒトカラの時だけにして、みんなが知ってる曲にすればウケはいいかもしれないよね。

独りよがりにならないようにしたいね。

その曲何?全然分からない…。

「誰も知らない曲を歌われて、寒々しい空気になった」
「友達と初めてのカラオケなのに、知らない曲ばかり歌われて嫌になった」
「古い曲ばかり歌われてジェネレーションギャップを感じた」等。

カラオケは基本、自分の好きな曲を歌うもの。
でも少しは一緒に来た人の気持ちを考える必要があるよね。

ジェネレーションギャップについてはある程度仕方ないところがあると思うけど、
1曲くらいはお互い知っている曲を歌うのがいいんじゃないかな。

連続して歌いすぎ!

「好きなアーティストの曲だからって、連続して歌わないで欲しい」
「暗黙のルールがあるのに順番守らない人とは一緒にカラオケに行きたくない」等

みんな自分が歌いたくてカラオケに来てるんだから、順番は守るべきだよね。
一人一曲ずつっていう暗黙のルールも存在するんだから。

いかがでしょうか?
ヒトカラなら自分の好きなように歌っていいかと思いますが、
大人数で来ている時は、なるべくみんなが楽しめるような場にしたいですね。