日常あるある

衰退する音楽業界… その実態について

CDが売れない音楽業界の衰退について

日本の音楽業界は昔に比べると衰退したと言われています。
昔はもっと歌の上手い歌手がたくさん出ていて、CDの売り上げも凄かった。

けれど最近はそんなカリスマ性を持った歌手も滅多に出てこず、CDの売り上げも落ちている…と言うのです。
確かにテレビを見ていると、目立って歌の上手い人はいないように思います。
周りでも、日本の音楽は聴かずに洋楽ばかり聞いている人が増えてきています。

何故日本の音楽は衰退してしまったのでしょうか?その実態に迫りたいと思います。

ランキングのほとんどをジャニーズとAKBが占めてしまっている

これは大きな問題だよね。
実際ジャニーズやAKBは、歌ではなくその顔で売っているようなところがあるよね。
AKBに至っては、CDに握手券を付けている。ってことは、歌目当てじゃなくて握手券目当てで買っている人がかなりいるってこと。

実際、CD発売日の翌日にはCDが大量にネットに流れてしまっているとか…。
でもCDの売り上げには変わりないんだよね。だからランキングは必ず上位に食い込む。
こんなことばかりじゃ、その他の歌手は萎縮してしまうよね。

力のある新人が出てこられないシステムだから

新人を引き上げてくれる音楽番組が無くなったから、という意見も。
音楽番組って、確かに昔に比べて少なくなったように思う。

有名になる曲は、CMかドラマに使われた曲ばかり。
これでは同じような曲がランキングに上がるのが当たり前だよね。

業界の金儲けのために番組が作られているから

数少ない音楽番組も、最初からジャニーズやAKBを推すための物ばかり。
テレビ局にとってはきっとそっちの方が安定的に収入があるから嬉しいんだろうね。

韓流ごり押しの影響

一時期もの凄くK-POPがごり押された時期があったよね。
最近は無くなったけど、あの辺りから少しずつおかしくなっていったのかな。

不自然に韓国歌手がテレビにたくさん出ていて、そして染まっていく日本人たち。
日本の番組なのに韓国の歌手ばかり出ていたら、そりゃちょっと違和感があるよね。

著作権管理の問題

JASRAC、名前は聞いたことがあると思うけど、なんだかややこしいんだよね。
実際JASRACのおかげで、自由に音楽を色々な所で使うことができなくなってしまった。

でも実際JASRACが回収したお金はアーティストに行かないとか、複雑な問題があるみたいだね。
だから益々、人々が新しい音楽に触れる機会が減ってしまった。

音楽業界の実態、まだまだ闇がありそうですね。
このまま衰退していかないように、何らかの対策を取るべきかと思います。