日常あるある

寒がりな人あるある

寒がりな人あるある

あなたは寒がりでしょうか?暑がりでしょうか?
冬生まれは寒さに強く、夏生まれは暑さに強いなんて意見もありますよね。
それぞれ苦手な季節は違うかと思いますが、やはり寒がりな人が憂鬱になってしまうのは冬。

最近は例年寒い日が多いというニュースもちらほら聞きます。
寒いと布団から出られなくて全然朝起きられなかったり、寒さで体調を崩してしまったり…。

早く冬が終わってくれー!と嘆く寒がりさんも。
そんな寒がりさんあるあるをまとめてみました。

エアコン設定温度争奪戦が勃発する

寒がりの人、暑がりの人はこのあたり分かり合えないんだよね。
エアコンは部屋の温度全体を決めてしまうから、みんなもう必死。
1度や2度の差ならまだしも、5度くらい違ったりするからね。

家ならまだ話し合いでなんとかなるかもしれないけど、職場だと大変だよね。
特に自分の上司が反対意見だった日には、もう泣きたくなってしまいそう。
こっそりあったかい毛布や湯たんぽを持ち込むとか、体調を崩さないように注意しなくちゃね。

真夏でもヒートテック

真夏と言っても油断はできないんだよね。
室内仕事だと、暑がりの人がガンガンに冷房をかけてたりする。そうするとまあ、肌が冷える冷える…。
冬と変わらないじゃん!ってくらいまで下げてる人もいるよね。

それで温度差で具合を悪くしてしまったり…。
だから真夏でもヒートテックを着ていたり、ずーっと長袖でいる人は多いみたい。

オールシーズン腹巻き

意外と侮れないのがコレ。腹巻き。
女性にとってお腹を冷やすことは、色んな病気の元になるから致命的。

そんな時に腹巻きなら、いつでもどこでもお腹を守ってくれる。ちょっとお腹がポコッと出るけど、
それは致し方なしということで。

夏のスーパーが地獄

スーパーにもよるけど、鮮魚売り場とか精肉売り場とか、ガンガンに冷房かけている所が多いんだよね。
あれは半袖で行くと即風邪を引いてしまいそうなくらい寒い…。

ゆっくり商品を選んでいる時間もないくらい寒さにやられそうになるんだよね。
冬は厚着しているから逆に平気なんだけど。

夏でもストーブをつけてしまう

ここまでの猛者はなかなかいないかもしれないけど、それくらいの寒がりさんもいるんだね。
そんな人たちにとっては、どこもかしこも冷房ガンガンな今は結構地獄なのかも…。

暑がりも寒がりも、それぞれの季節で苦労することがあるんですね。
服を着こんだりカイロを貼ったりして、うまく風邪を引かないように調整していきたいものです。