対人関係

人から好かれる方法

海外旅行の店員エピソード

「人から好かれるようになりたいなぁ」と思っている人は少なくありません。

人から好かれるようになれば、仕事もスムーズにいきやすくなるし生活もより良いものになるし、自分自身も毎日が楽しくなります。

でも、「どのようにしたら人から好かれるのだろう?」と悩んでいる人も多いです。

ということで今回は、人から好かれる方法についてまとめてみることにしましたので、興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね!

人と話しをするときの声の大きさを調整する

話しをするときの自分の声の大きさって気にしたことってある?
実は、声の大きさって人に与える印象を左右するんだ。
たとえば、声が大きいと自信があるというイメージを人に与えるよ。

逆に、声が小さいと落ち着いたイメージや品があるイメージを人に与える。
だから、そのときの状況によって声の大きさを調整して声に抑揚をつけるようにすれば、好感度がアップするはず。

相手の目を見て話すようにする

人と話しをするときに、目を見て話す人は人から好かれるみたい。
話しをしているときにまったく目を合わさない人には「この人ちゃんと話しを聞いているのかな?」とか「自分に興味がないのかも」って思ってしまうから納得できるよね。

だいたい3秒くらい相手の目を見ればOK。
そうしたら、相手に頭が良そうな印象を与えるらしい。

相手の目を見るってちょっと恥ずかしいかもしれないけど、そのうち慣れてくるし本当に効果的みたいよ。
ちなみに、一目惚れをしたときって5~7秒くらい相手のことをじっと見つめるんだって。

スタイルの良い人は人から好かれる

スタイルによって、人からの印象は変わる。
男性の場合は、肩から腰へのラインがV字なのが最も人に好印象を与えるボディ。
いわゆる逆三角形のボディだね。

女性の場合は、バストが1とするとウエストが0.7でヒップが1という比率がベスト。
このボディを目指してエクササイズをしてみるのもいいかもね。
それから、背が高いと人から好かれやすいので、普段の姿勢も良くするように心がけてみてね。

自分の一番の特徴を見つける

人に好かれるためには、なんでも器用にこなさなくて大丈夫。
自分が最も得意なことを見つけて。
例をあげると、欧米人レベルで英語が話せる場合は仕事があまりできなくても周りから感心される。

この効果はハロー効果と言われていて、他にも有名大学を卒業したとか高収入というだけであまり仕事ができなくても周りの評価が高くなることを言う。
つまり、目立つ特徴で人からの評価が変化するということね。
だから、自分の一番の特徴を見つけてそれをアピールしてみよう。

いつも笑顔でいることを心がける

常にスマイルを絶やさないということは、人から好かれる方法としてとても有効的だよね。
親近感を感じるから、人が近寄ってくる。

子供が仏頂面の人ではなく笑顔の人に近づくのと同じで、大人だって笑顔の人に近づいていくよね。
いつもニコニコしていたら、プラスのオーラが漂って運気も上がりそう。

ピーク・エンドの法則を利用する

「終わり良ければすべて良し」と言われているように、出来事の終わりは人に強い印象を与えるもの。
だから、人にプレゼントを渡す最も適した時間は帰るときなんだって。

その日は良い日として、相手の記憶に残るから。
これは、「ピーク・エンドの法則」と言われている。
デートなどにこの法則を活かしたら、相手に好印象を与えることができるね。

人から好かれる方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

方法は色々とあるので、自分ができそうなものから取り組んでいくことをおすすめします。

そうすれば、人に好印象を与えることができるようになるでしょう。