仕事あるある

ワキガで悩んでる人あるある

ワキガの悩みあるある

ワキガって、本当に辛いですよね。本人も辛いし、その周りにいる人たちも辛い。
ワキガは決して本人のせいではないのに、その臭いで周りに敬遠され、辛い思いをしてきた方は多いのではないでしょうか。

どんなにケアをしてもどうしても臭ってしまったり、手術をしても改善されなかったり…。
人と接することが怖くなってしまった人たちもいます。
そんなワキガの実態を纏めてみました。

三回も手術したのに臭いが取れない

これは辛いよね…。手術料だってタダじゃないし、そのために休みも取らなきゃいけない。
痛くないわけでもないし、できればやりたくないよね。
三回もしてまだ取れないと言われると、本当にどうしていいか分からなくなるよね…。

そもそも、切除したのに再発っていうのは一体どんなメカニズムなんだろう?
何にせよ、良い手術方法が見つかるといいんだけど。

白い服が着られなくなる

どんなに気を付けていても、脇の部分が変色してしまって苦労する人は多いそう。
冬ならまだいいんだろうけど、夏に白い服が着られないのは辛いよね。
売っている服も大体が白いものだし…。

ワキガの人は、汗が多いだけじゃなくて、その色素成分も多くなってしまっているから、
普通の人よりも黄ばみやすくなってしまうんだって。
お気に入りの服がなかなか着られないのも辛いよね…。

接客業を諦める

接客業はどうしても人に近づく職業だから、諦めてしまう人も多いみたい。
実際客が何も思ってなくても、こっちが臭ってないかなとか気にして疲れてしまいそうだよね。

飲食業なんかだと特に臭いが気になるし。
それをもし誰かに指摘されたらキツいだろうなぁと思う。

暑い時期に友達と遊びに行くのを諦める

夏はアウトドアの季節…だけど、ワキガの人たちにとってはやっぱり辛い。
冬よりどうしても汗の量が多くなるし、敏感な人にはすぐに気づかれちゃう。

だから夏の遊び自体を敬遠してしまう人も多いみたいだね。
夏に海に行けないっていうのもちょっと寂しいね。

恋愛を諦めている

恋愛すると、相手と必ず距離が近くなる。
それを恐れて、恋愛を諦めてしまっている女の子は多いみたい。

昔からそれで虐められてしまいコンプレックスがあるため、自分に自信がなくなってしまう人も。
なんとかそのコンプレックスに打ち勝って、幸せに恋愛をして欲しいね…。

ワキガについてはとてもデリケートな問題です。
本人が悪いわけではない分、難しいですよね…。
医療が進歩して、完璧に治療ができる日を願うのみです。